桃色ハンドソープの山崎です!

最近忙しすぎて、こっちのブログ(求人用)

の更新がなかなか出来なくて、すいません!

が、水面下では着々と進行していました〜

そう、表題にある「桃ハン寮」ですね〜

なんと!市内の一等地の物件で、なんと!

ベランダでバーベキューもできる広さの

「めちゃ良いマンション」です〜

住んでる場所が大阪以外の方や、出稼ぎで

頑張りたい女の子の為に、お役に立てたら

と思って、契約しましたよ〜

寮を使いたいって女の子は、遠慮なく

面接の時におっしゃって下さいね〜






mail_toiawase

tel_toiawase

こんにちは、桃色ハンドソープの山崎です。

今回は、風俗業界って、決まって「日払い」

ですよね、ってお話。


風俗で働く女の子、いえいえ風俗に限らず

全ての労働というものの第一目標は、

やっぱり「お金」。まぁ世の中には、

趣味を実益とした方もたくさんいるし、

やっぱり「やりがい」っていうのも

大事ですが、お金が伴わないと、

「生活」ってもんができませんので、

ここはやはり一番は「お金」ですよね。


で、普通のお仕事の大半は、「月給制」

なのに対して、風俗業界はなぜ「日払い制」

なのか、ご存知ですか?


「そりゃ、日払いの方が、女の子が喜ぶから」

「月給制だと、途中でやめれないし、日払いの

お店が人気が出て、業界全部そうなった」

「毎日お金が入るので、辛い仕事でも、

明日も頑張ろうと思うから」


などなど。


いろんな「答え」を想像してもらえたかと

思いますが、そんな「女の子」が有利な

制度が「風俗業界」にあるとお思いですか?


答えは、全然違います。


なぜ、風俗業界は日払い制度なのか?


答えは、ぞっとする内容です。


それは、

「お金を、貯めさせないため」

なんです。

「え?」って思ったでしょ。


正確な答えは、

「お金を貯めた女の子は風俗を

辞めます。それを防ぐため」

です。


日々貰うお金というのは、非常に

強い意志が無いと、「貯金」できない。


人間というものは、かくも弱い生物。


明日も働いたらお金が入るから、今日の分は

使っちゃおう。と散漫になるからで、

このお金を使う「快楽」というのには、

中毒性があり、一度気の向くままに

浪費する「癖」がつくと、なかなか

抜けられません。


月給で、30万、40万を一度に貰うと、

「家賃、光熱費、雑費・・・」と1ヶ月で

必要になるお金を除いて、

「毎月10万貯金しよう」となるのですが、

日払いで貰うお金は、人間の弱い部分の

「ザルの目」から、だだ漏れにこぼれて

いってしまうのです。


日払いで貰うお金は、かくも貯金しにくい

ものなのです。


だから、長年風俗をやってる女の子でも、

意外と貯金できている女の子は少ない。


桃色ハンドソープでは、入店する女の子

全員に、このような「誰も言ってくれない

ような事」を、最初に教えています。


口座に1万円しかなかったら、

もういいや!って感じで全部使いがち。

でも、

100万円、口座に入っていると、

1000円でも使いたくなくなりますよ(笑)



mail_toiawase

tel_toiawase

こんにちは、桃色ハンドソープの山崎です。

さて、このブログを見てくれてる方の大半

っていうか、ほとんどが女の人です。

で、風俗業界に興味があるか、もしくは

どこかいいお店ないかなぁって探している

女の人。ということになります。

未経験の方は特に、風俗と聞くと、

何か悲惨なお仕事。とか、まぁ堕落とか、

そういったイメージを少なからずお持ちかと

思います。

結論は、約5割、そのイメージで正しい。

しかし悲惨になってる女の子は、まさしく

悲惨になる道筋を頑固なまでにやめないので、

悲惨になるべくして、なっているわけで・・

まぁ簡単に言うと、総じてだらしない(笑)

お金、男、時間、約束、身の回り・・

そういうことに、いちいちだらしないので、

誰からも信用されないし、友達も少ない。

そして、運気も良くならないんです。


でも、残りの約半数の女の子は、断じて

違います。その子達はきちんと目標を

持って、お仕事しているのです。

現実も直視できるし、現状も判断できる。

報告、連絡、相談もできる。

時間も約束も守ります。

お金が足りない分だけ、働いている子も

いれば、将来の夢や目標のために

働いている子もいます。

毎月お金が足りないなぁ〜って

思いながら、考えてるって自分で

言い訳をして、迷ってるだけで

何もしない人間よりは、100倍

凄いと思いませんか?



mail_toiawase

tel_toiawase

↑このページのトップヘ